グリーンスムージーはシミの元?ソラレン ダイエット デトックス(解毒)酵素食

グリーンスムージー
グリーンスムージーとは米国のローフード研究家が考案した、
野菜や果物を水と一緒にブレンダー(ミキサー)で混ぜ合わせた飲み物です。
イメージ的にはファーストフード店のシェイクみたいな感じ。
朝食をグリーンスムージーにすることにより酵素や食物繊維をたっぷり摂ることができ、
デトックス(解毒)やダイエットに最適!と、瞬く間に広がりました。
芸能人の優香さんがグリーンスムージーで7キロ痩せたとなれば
愛好者が増えるのも頷けます。

グリーンスムージーの材料はフルーツと緑黄色野菜、
特に緑黄色野菜は普段なかなか摂れない食材、スムージーにすることで
無理なくたっぷりと摂ることができるので、普段から野菜の摂取量が少ない方には
特におススメしたい健康法ですね。
ただし、どんな健康法でもそれだけに偏ったり、間違った利用法になってしまうと
逆に健康を損ねることになりかねません。

「グリーンスムージーを朝食に摂る」方法も正しい知識で行いましょうパー

「すべてのものが毒である。なぜならば、毒性のないものはないからである。
 それが有害か無害かは量で決まる」
これは16世紀のスイスの医師パラケルススの言葉で
現在においても毒性学の基本になっています。
このパラケルススの言葉は、食品や食品成分にもあてはまります。
無条件に安全な食品や食品成分は残念ながら存在しません。
健康に良い食材だからと大量に摂り続けることにより、
過剰摂取になってしまうケースもあります。

過剰摂取が続くとどうなるか? 一番おこりやすいリスクは食物アレルギーです。
同じ食品を摂り続けることにより、その食品が持つ毒性が体内に蓄積され、
免疫機能が過剰反応を起こしてしまうのです。
実は、グリーンスムージーに使われる緑黄色野菜やバナナ、キウイなどは
食物アレルギーを起こすリスクが高い食品。
くれぐれも摂りすぎにはご注意くださいね。

無条件に安全な食品・食品成分は存在しない
食の安全

グリーンスムージー2
グリーンスムージーによく使われる食材は「ソラレン」という物質を多く含みます。
「ソラレン」とは「光毒性物質」と呼ばれ、紫外線を吸収する性質があり、
紫外線を浴びると毒になる物質です。
ソラレンは摂取してからおよそ2時間ほどで全身に行き渡ります。
結果、朝食にグリーンスムージーを飲み、日光にあたるとシミが出来やすくなります。

ソラレンは数時間経てばなくなるので、グリーンスムージーを飲むなら
外出の数時間前までに済ませておきましょう。
ソラレンを多く含む食材はレモン・オレンジ・グレープフルーツ・キウイ・いちじく・ライム・
きゅうり・パセリ・セロリ・みつば・しそ・クロレラ(サプリメントのクロレラも含む)
蕁麻疹と湿疹の違い ソラレン 日光による蕁麻疹 紫外線アレルギー

この時期はダイエットも気になるし、美白も気になる時、
でも、健康も美肌も一夜にしてならず です汗
正しい知識と正しい方法で、自分に合った健康法を継続して行いましょう。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)