トマトには赤とピンクがある リコピンの健康効果をさらに効率よく活用 ルネッサンストマト

トマトは現在世界で一番多く作られている野菜で、ヨーロッパでは昔から
「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるほど
栄養満点の健康食材として知られています。
その秘密は「リコピン」という赤い色素。抗酸化作用が強く、
その作用はβ-カロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上ともいわれています。

トマトに含まれるリコピンパワー
その1)強力な抗酸化作用により、腸や血管をキレイにし、体を若く保ちます。
     また、悪玉コレステロールの酸化を抑制し、動脈硬化を予防、
     血糖値や血圧の上昇を抑える効果が期待できます。

その2)リコピンはシミの元になるメラニン色素の生育を抑制し、
     シワやたるみの原因となる活性酸素を除去
します。
     また新陳代謝をアップし、美肌効果が期待できます。
その3)リコピンは脂肪細胞の働きを抑制することが知られています。
     また最近の研究によってトマトには中性脂肪燃焼に有効とされる成分、 
     「13-oxo-ODA」(ジュウサンオキソオーディーエー)が含まれている
ことが分かり、
     肥満予防効果が期待できます。
その4)リコピンは疲れのもととなる活性酸素を除去し、疲労の回復を助け、
     脳の神経細胞の酸化を防ぎ、老化を遅らせる効果
が期待できます。
参考資料:ヘルスケアプロショップ情報紙ライフ
こんなにも多くの健康効果が期待できるリコピン、
ぜひ毎日の食事で積極的に摂り入れたいものですね。
リコピンの効果を期待するには一日に15mg以上の摂取が効果的だと言われています。
では15mgを摂取するにはどうしたらよいのでしょうか?
桃太郎トマト
トマトの系統は大きく分けて2種類あり日本でよく食べられているのは
桃太郎などの「ピンク系」トマト。皮が薄く、果肉が柔らかいのが特徴です。
イタリアントマト
一方、世界の品種の大半はイタリアントマトなどの「赤系」トマト。
味が濃厚で加熱すると旨みが増し、
リコピンの含有量はなんとピンク系の約3倍もあるのです。

となると、出来れば赤系トマトを食べたいところですが、
赤系トマトは流通量が少なく、お値段が高めなのがネック涙
ピンク系のトマトで1日15mg以上のリコピン摂取を期待するなら、
約500g(Lサイズ2個分)を食べ続けなければならず、これもなかなかの労力汗
ルネッサンストマトジュース
でも実は、もっと簡単にリコピンを摂取できる方法があるんですナイス
それはルネッサンストマトのジュースを飲むことびっくり
リコピンは、みじん切りにしたりすりつぶすことで体内での吸収が高まります。
リコピン15mg摂取するためにはミニトマト約17個だべなければいけないのが、
トマトジュースならグラス1杯弱で済むんですよ注目
しかもルネッサンストマトは大玉では珍しい赤系のトマトなのです。

ルネッサンストマトのジュース
ルネッサンストマトは奥三河名倉高原の特産品。
自然の恵みいっぱいの環境の中で、糖度を上げる為にストレスを必要以上に
かけるような無理な栽培はせず、元気いっぱいの健康な苗から作られています。
そのルネッサンストマトを100%使い、水や塩、添加物を一切加えず
作られたのがルネッサンストマトのジュースです。

1日1回、ビンの半分ずつ飲み続けて頂くと、リコピンの健康効果が期待できます。
もっともルネッサンストマトのジュースはサラサラしていて美味しいので、
1回でひと瓶飲んじゃうんですけどねぇ~キャー

ルネッサンストマトのジュース 200ml ¥360(税込)
ぜひ皆さんの健康つくりにお役立て下さいね。

*** お求め・お問い合わせは ***
≪shop 自然から元気≫
静岡県浜松市浜北区染地台3丁目20-20
TEL 053-587-3118 FAX 053-587-3115
木・日曜日 定休 AM10:00~PM7:00 営業
info@shizenkaragenki.jp
全国どこでもヤマト運輸がお届けします
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)