口内炎は慢性化しやすい きちんとビタミン・ミネラル摂取

D8k
食事の度に塩分などでピリッと痛みを感じてしまう 口内炎
慢性化すると食事の時間が憂鬱になり 精神的にも落ち込んでしまいます。

口内炎の原因としては ビタミンB群の不足、疲労蓄積、暴飲暴食、
性ホルモンのバランスの崩れ、過剰なストレスなどが考えられます。
頻繁に口内炎を繰り返す場合は、不摂生・栄養不良・ビタミン不足
薬物の長期服用など体力が低下し、抵抗力、免疫力が
失われていると考えられます。(アフタ性口内炎)
また、外的刺激によって口内炎を発症するケースもあります。(カタル性口内炎)
食事の時に誤って頬の内側を噛んでしまったり、入れ歯や噛み合わせが悪く
傷が出来てしまった時に傷口が悪化し 口内炎になりやすくなります。

~口内炎に有効とされる成分~

ビタミンA:不足すると粘膜が乾き、粘膜の損傷を招きます。
       ビタミンAは細菌感染への抵抗力もあり、
       口内炎の予防と改善に役立ちます。

ビタミンE:細胞膜には常にビタミンEが待機し細胞膜を守っています。

ビタミンB2:ビタミンB2が不足すると、口内炎・口角炎・目の充血
       肛門のただれなど皮膚と粘膜の境目に症状が表れます。

ビタミンB6:ビタミンB6は脂肪の代謝に関わり、
       不足すると脂漏性皮膚炎などをおこします。

ビタミンC:コラーゲンの育成により、皮膚を正常に保ち出血を予防します。


口内炎が出来てしまったら まず刺激しないこと。
塩分や香辛料、トマトや柑橘類など酸味の強い食品は避けましょう。
体の内側からは ビタミン剤を摂り、充分な休養を取ることが大切です。
ただ、ビタミン剤は飲んですぐに効くというものではないので
口内炎を繰り返している方は 日頃から予防のために
毎日飲み続けるのが良いでしょう。


口内炎に蜂蜜を塗ると良い とされているのは本当です。
患部をカバーしてくれると共に、蜂蜜の殺菌・消炎作用によって、
口内炎の治りをよくしてくれます。また、蜂蜜に含まれる栄養成分、
ビタミンやミネラル、アミノ酸は口内炎の予防改善に役立ちます。
出来れば蜂蜜は、天然ものを選びたいですね。

いずれにしても、体の出すSOSを無視せずに ビタミン・ミネラルなどを補給して
充分な栄養と休養をとることが 口内炎の予防と改善に繋がります。


*** お求め・お問い合わせは ***
≪shop 自然から元気≫
静岡県浜松市浜北区染地台3丁目20-20
TEL 053-587-3118 FAX 053-587-3115
木・日曜日 定休 AM10:00~PM7:00 営業
info@shizenkaragenki.jp
全国どこでもヤマト運輸がお届けします

HPからも お買い求めいただけます。
全国どこでも、ヤマト運輸がお届けします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)