時計遺伝子を活用して記憶力・体力を取り戻せ!

朝日
皆さんは最近、「疲れやすくなった」「記憶力が衰えた」「体力がなくなった」などを
感じたことがありますか?  「・・・まだそんな年齢じゃないはずなのに・・・」
もしかしたらその原因は年齢による「衰え」ではなく、
あなたの身体の中の遺伝子が「眠っている」だけなのかもしれませんびっくり

そんなお話しをしてくれたのが 昨夜放送された朝日系列「みんなの家庭の医学」

身体の衰え(記憶力・体力・運動能力)を回復させるためのポイントは
睡眠習慣を見直して 時計遺伝子の働きを正しく活用することが大切です。

時計遺伝子とは、60兆以上ある細胞の一つ一つに存在する遺伝子で
私たちの体内で24時間の時を刻み、身体の様々な機能を管理しています。
時計遺伝子は、血圧・体温・ホルモン等の働きのスケジュールを管理しており、
そのスケジュールを決める時に一番大切なのが 起床時間なのです。

毎日同じ時間に起きれば、時計遺伝子のスケジュールによって
脳も内臓も きちんと働く事が出来ますが 休日などの寝だめ等により
一気にスケジュールが崩れると、身体は本来の能力を発揮できなくなりますsos
普段から無理のない睡眠時間を取ること、休日でも平日と同じ時間に起きることが
時計遺伝子を狂わせない大切なポイント注目

時計遺伝子が正しく活用されていれば、記憶力や体力だけでなく
ダイエットも可能だそうですよナイス

また、普段から睡眠不足の人は 週末に寝だめをしても
日中の眠気は改善されず、うつ傾向が強いことが分かっているそうです。

まずは生活習慣の見直し=仕事と健康のバランスを考える事注意
夜型体質で眠りにつけない人は お昼頃までに1時間以上の太陽光を浴びましょう。
この時、光が目の中にまっすぐに入ることが大切です。
詳しいお話はこちらをご覧くださいね右朝日系列「みんなの家庭の医学」

≪shop 自然から元気≫
浜松市浜北区染地台3丁目20-20
icon39 053-587-3118
木・日曜日 定休 AM10:00~PM7:00 営業
全国どこでもヤマト運輸がお届けします
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)