今日は世界糖尿病デー

糖尿病デーライトアップ

*画像は≪世界糖尿病デー≫公式HPよりお借りしました。(写真撮影:田部智彦様)

今日は≪世界糖尿病デー≫です。
現在、糖尿病を世界の成人人口の約5~6%が抱えており、
2025年には3億8, 000万人(2007年より64.7%増)に達すると予想されています。

特にアジア、中東、アフリカ、南アメリカでは2倍になると試算されており、
我が国でも40歳以上の3人に1 人が糖尿病または糖尿病予備群であることが、
平成18年国民健康・栄養調査速報で発表されました。
また、A I D Sと同数程度の死者をも出しており、
糖尿病が進行することで発病する合併症などによる間接的死亡率を合算すると
更に多くなります。


このような状況を踏まえ、国際連合(国連)は、
IDF(国際糖尿病連合:現在約150カ国が加盟)が要請してきた
「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を2006年12月20日に
国連総会議で採択しました。
同時に11月14日を「世界糖尿病デー」に指定し、
世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動を推進することを
呼びかけました。
11月14日は国連及び主要国で様々なイベントが開催されます。
我国でも、(社)日本糖尿病学会、(社)日本糖尿病協会が中心となって、
国民の方々に呼びかけ活動の輪を広げたいと考えております。

IDFは決議に先駆け、”Unite for Diabetes”(糖尿病との闘いのため団結せよ)という
キャッチフレーズと、国連や空を表すブルーと、
団結を表すを使用したシンボルマークを採用しました。
全世界での糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。
東京都では東京タワー、レインボーブリッジ 、西東京スカイタワーが、
静岡県では沼津市民病院、掛川城、静岡市駿府城巽櫓、
清水エスパルスドリームプラザ観覧車 がライトアップされます。

(ライトアップの時間は各地によって違います)
世界糖尿病デー公式HPより転載

糖尿病の予防と治療の大原則は
検査、教育、自己管理 の3本柱です。

検査とは、自分にとって相性のよい先生を見つけ 定期的に 継続して診てもらうこと。

教育とは、糖尿病と診断された時に 初めに いかに自分に厳しく摂生するかが肝心。
栄養指導、運動指導、生活改善などを 10年間厳しく行い 血糖コントロールをすれば、
次の10年間も 合併症の抑制効果が期待できるとされています。
合併症は糖尿病の最大の恐怖です。
失明・心筋梗塞・半身まひ・言語障害・足の壊疽・歯周病 そして、透析・・・・
発症が分かったら すぐに 的確な治療と教育を受けましょう。

自己管理とは 糖尿病の危険因子である 脂質代謝異常・過体重・アルコール摂取
血圧上昇・過食・喫煙・運動不足・ストレス負荷などを 排除する努力です。
特に、血縁者に糖尿病患者がいる場合は 早い時期から 検査を受けましょう。
大人になってから、嗜好やライフスタイルを急に変えるのは 難しいので
幼児のころから 家庭や学校で 食育、運動の習慣を学んでいきましょう。

今夜は、 糖尿病撲滅を目指し 全国で ブルーライトアップが行われます。
世界糖尿病デーのシンボルマークである 「ブルーサークル」を目にしていただき
多くの方に 糖尿病の恐ろしさ 正しい知識 を考えて頂きたいとの
願いが込められています。
ぜひ、この機会にご家族で 糖尿病についての意識を高めて頂きますよう
お願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)