高コレステロール・高血圧に紅麹(べにこうじ)のサプリメント

紅麹サプリメント

紅麹 とは、お酒や味噌・醤油などを作る時に使用される麹の一種です。
一般の麹とは異なり 鮮やかな紅色をしているので 紅麹と呼ばれています。
この紅麹から、「モナコリンK」という物質が発見されました。

「モナコリンK」にはコレステロールの生合成抑制が 確認されています。
更に、合成が抑制されると 肝細胞膜上のLDL受容体が増加するため、
血中からのコレステロール取りこみを増し、
血中のコレステロールを下げる効果があるのです。

紅麹には、血圧を下げる作用もあります。
1996年には、紅麹に含まれるγ-アミノ酪酸(GABA、ギャバ)が血圧を下げるとして
特定保険用食品(トクホ)の「関与する成分」として 旧厚生労働省の外部団体である
(財)日本健康栄養食品協会で認められました。
東京警察病院循環器センターの井上清氏らは、本態性高血圧症の患者を対症とした
臨床試験において、血圧降下作用を確認しています。
血圧が高くなる昼間の活動時間では、紅麹の服用により血圧を下げ、
ストレスから開放され 血圧が低くなる睡眠時は、
ほとんど変化がみられないことが分かりました。
つまり 紅麹の服用により、血圧が高い場合には下げますが、
血圧が低い場合には過剰な血圧降下を引き起こしません。
紅麹は、この意味で血圧調整に最適な素材といえます。

紅麹の 痴呆に対する効果
最近、アルツハイマーの予防に スタチン系の薬剤
( メバロチンやリポバス等のコレステロール合成阻害薬)が
効果があるという報告がありました。
スタチン系の薬剤と紅麹は起源が同じですので、
紅麹にも 同様な効果が有る可能性があります。

≪紅麹サプリメント≫店頭価格¥10,055 会員価格¥6,900 (約1ヶ月分)

脂肪分の多い食事を好まれる方 不規則な生活により 栄養が偏りがちな方
運動不足の方 中高年に お勧めします。


*** お求めは ***
≪shop 自然から元気≫
浜松市浜北区染地台3丁目20-20
icon39 053-587-3118
木・日曜日 定休 AM10:00~PM7:00 営業
全国どこでもヤマト運輸がお届けします
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)