世界糖尿病デー 10秒に1人の命を奪う糖尿病

世界糖尿病デー清水寺
11/14は世界糖尿病デーでした。

世界糖尿病デーとは
拡大を続ける糖尿病の脅威を踏まえ、2006年12月20日、国連は国連総会義で、
IDFが要請してきた「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を
加盟192カ国の全会一致で可決しました。
同時に、従来、国際糖尿病連合(IDF)ならびに世界保健機関(WHO)が定めていた
11月14日を「世界糖尿病デー」として指定しました。
IDFは決議に先駆け、
”Unite for Diabetes”(糖尿病との闘いのため団結せよ)という
キャッチフレーズと、国連や空を表す「ブルー」と、
団結を表す「輪」を使用したシンボルマークを採用。
全世界での糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。

世界で10秒に1人の命を奪う糖尿病
糖尿病は今や世界の成人人口のおよそ5~6%となる、
2億4600万人が抱える病気です。
一般的に死に至る病気との認識は薄いですが、年間実に380万人以上が
糖尿病の引き起こす合併症などが原因で死亡
しています。
これは世界のどこかで10秒に1人が糖尿病に関連する病で命を奪われている
計算となり、AIDSによる死者に並ぶ数字です。
このまま進むと、世界の糖尿病人口は、
2025年には3億8000万人(2007年比64.7%増)に達することが予想されています。
糖尿病患者の増加は特に発展途上国で顕著に見られ、
経済成長、生活水準の向上、教育改善の大きな妨げとなっています。


日本国内での脅威
2006年に実施された糖尿病実態調査によると、日本には約820万の
「糖尿病が強く疑われる人」が存在します。
さらに、「糖尿病の可能性を否定できない人」も約1,050万人おり、
合計で総人口の10%を超える約1,870万人の糖尿病患者がいると推定
されています。
また、40歳以上の3人に1人が糖尿病または糖尿病予備軍である事実が、
2006年の国民健康・栄養調査で発表されました。
糖尿病が原因の死者も年間約1万人以上になる中、実際に治療を受けている患者は、
約247万人に留まっています。糖尿病には痛みなどの自覚症状が少ないことから、
疑いがありながらそのまま治療を受けないケースが多くあることが、
その要因と考えられています。

世界糖尿病デー公式HPより転載

私の従姉は55歳で、糖尿病の合併症で亡くなりました。
本人は自身が糖尿病であることに全く気付かず、足の怪我から壊死が始まり、
最後は脳内出血により意識が戻らないまま、逝ってしまいました。
糖尿病の別名は「血管ぼろぼろ病」だそうです。
体のどこで血管が切れるか分からない、一度切れたらそれは死を意味します。

どうか皆さんには、私の従姉のような悲しい体験をされないように、
右40歳を過ぎたら1年に一度は健康診断を受けて下さい。
右自分の体の変化を見逃さないで下さい。
 ※いつもと同じ食事、生活なのにだんだんと痩せてきた
 ※やたらと喉が渇く ※尿の回数、量が増える ※傷が治りにくい 
 ※体がだるく、疲れやすい ※時として、異常な食欲

大切なのは日頃の生活習慣と早期発見早期治療です。
過敏になり過ぎるのは生活の楽しみを奪ってしまいますが、
病気になってしまったら、人生の楽しみを奪われます。

愛する家族のためにも、どうか自分の身は自分で守ることを心掛けて下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)